ココロ磨き24時
- 12Lessons -

<自分に正直でいる>

「どうしたらいいのかしら…」
恵美子さんは悩んでいました。

明日、仕事に入ってほしいと上司の木村さんから頼まれたのです。
木村さんは、とてもご恩のある方でした。
でも明日は、ずっと取得したくて勉強を続けてきた資格の試験日だったのです!

実は、その仕事を担当する人が、お母様が急に体調を崩され、
実家に戻らなくてはいけなくなったのです。

…恵美子さんは子供の頃から、
自信を持って自分の意見を言うことが苦手でした。

「私が言おうとしてることって、何か変なんじゃないかな?」
そんな風に考えて、常に周りを気にしながら、
変な目で見られないようにしていました。

でも、なぜか人から誤解されたり、つらく当たられたりしてきました。

この会社でも同じでした。
特に先輩の文子さんは、恵美子さんにつらく当たってきました。

好きな会社に入れて、好きな仕事ができて、好きな人とも結婚できて、
状況的にはとっても幸せなのに、
恵美子さんはなぜか自分の中に幸福感がなく、苦しかったのです。

そして、30歳を過ぎたある日のこと
「自信をつけたい!」と決心し、行動し始めました。

そして始めたのが、自分に向き合うワークと、資格を取る勉強でした。

だから、どうしても受けたかったのです。

「でも、周りからどう思われるかなあ。文子さんとか、特に…。
木村さんにも悪いし。試験は来年にしようかな…」と思ったその矢先、
自分と向き合うワークで学んだ言葉が思い浮かびました。

「自分に正直でいることが、
周りとの人間関係がよくなる最善の方法です」


恵美子さんは、思いました。
「どうしたらいいか、じゃなくて、どうしたいか、だな」


そして、ワークで学んだ通りに、自分と向き合いました。

すると、自分が
「周りの人は私のことを悪く思ってはいけない、悪く言うべきではない」
という固定観念を持っていることに気づきました。

「私だって同じような時だったら、
他の人のことを悪く言ったり悪く思うことだってある。
自分はよくって他の人が私にするのはダメ、って、
それはないよね」

と素直に思えました。心が決まりました。

勇気を出して上司に
「すみません。さっきのお話なんですけど、どうしても都合があって…」
と伝えました。

すると、その瞬間、後ろから声がしました。

「私、明日、入ります!」文子さんでした。
文子さんも別の仕事があるのに、代わりに入ってくれるというのです。

お礼をいいながら事情を話すと、
文子さんも、上司の木村さんも、他の皆も「試験がんばってね!」と
温かい応援の言葉をくれました。

翌日。

「自分に正直で…、っていうあの言葉、本当だったんだ」
恵美子さんはそうつぶやいて、ワクワクしながら試験会場へと向かっていきました。



「自分に正直でいるといい、と色々な本に書いてあるし、頭では本当はそうしたいと思う。
でもやっぱり迷惑かけるんじゃないかとか、イヤな空気になりそうで怖い…」
「それが通る職場や上司の場合もあるだろうけど、私の場合はちょっと…。
そんなことしたら、あとでどうなるか…」

そうですよね。怖いですよね。その気持ち、すごくよくわかります。
私もずっとそう思って生活してきました。

ただ、その「怖い」っていう感情が出るのが、実は、いいことなんです。

恐怖とか怒りとか、いわゆるネガティブな感情が出ることを「デトックス(解毒)」
と呼んでいます。

体から毒素や老廃物が出ていくイメージです。
いい感じがするでしょう?

そして、自分から出た毒素(ネガティブ感情)を分析するんです。
そうして、自分の中に潜む「毒素を生み出す元」が何なのかを探ります。

そうしてどうするかというと、その元を手放すんです。
上達すると、自分ひとりで手放せるようになってきます。

そして、それが手放せると、もう、同じ場面になっても怖いという気持ちが出なくなるんです。
不思議に思うかもしれませんが、本当にそうなのです。
私だけでなく、多くの人が体験しています。

より楽に、自分に正直になれて、周りの人に楽しく心が開けるようになります。

そして、自分に正直になれればなれるほど、
自分を大事にできるようになって、周りの人にも優しくできるようになれるでしょう。
なぜなら、自分が満たされていくからです。


反対に、自分に正直でいなかったり、自分の声を聞かなかったりが続くと、
どうなるでしょう。
自分が満たされていないので、他の人から奪おう、
という気持ちが強くなってしまうかもしれません。

そうなると、周りの方も安心しておつきあいすることは、
むずかしくなりますよね。

よく「周りは自分を映し出す鏡」と言いますが、
自分を大切にするように周りの方を大切に思うことができれば、
周りの方も自分(あなた)のことをきっと大切に思ってくれますよね。
反対なら、その反対になりますよね。

ほんとは、シンプルなことなんじゃないかなあって思います。

自分に正直でいる…そのことで無限に広がっていく心地よさと
あなたの可能性を、あなたの五感を通して、実感してもらえたら、
こんなに嬉しいことはありません。


※このセッションのまとめ

自分に正直でいるほど、周りの人間関係もよくなる。
正直でいようとして、もしネガティブ感情がわいたら、その感情と向き合うことが大切。

このレッスンを読んだ方はこちらもよくお読み下さっています。(関連セッション)